病後児保育
お子さまが病気の回復期で、かつ集団生活が困難な場合に、一時的にお預かり致します。仕事の都合やご家庭の事情で保育をできない保護者様の代わりに専任の看護師が保育を致します。 通常保育のお子様とは別室で安静に過ごすことができます。

対 象

生後6ヶ月〜小学生 ABCチャイルド病後児保育登録児童

利用日時

月〜金(休日:土日祝日・年末年始) 8:30〜17:00

利用の注意点

  • 前日17:00までの完全予約制、1日1予約です。長期のご予約はできません。
  • お子様の病状に変化があった場合、看護師の判断によりお迎えをお願いしたり、医師の診察を受けることがあります。ご了承ください。
  • 保育時間は17:00まで、延長保育はありません。お迎えは時間厳守でお願いします。
  • ご予約の変更・キャンセルは当日の午前8:00までに必ずご連絡ください。 (予約時間から30分過ぎますと自動キャンセルになります。)

病後児保育ご利用の流れ

①事前に利用登録

いざというときの為に事前登録のご理解、ご協力をお願い致します。
お問い合わせの上、【病後児児童登録書】【重要事項説明書・同意書】に必要事項を記入し、保育園へ提出またはFAX、フォーム送信してください。
例:病後児児童登録書
例:重要事項説明書・同意書

Fax:011-688-8821

②お子様の発症後の回復期

③仮予約

保育園へ電話で空き状況を確認してください。 011-688-8820

④かかりつけ医受診

当園指定の【病後児保育利用連絡書】を持参し、医師に記入してもらいます。

⑤利用予約問い合わせ

保育園に前日17:00までに電話にてご予約ください。その際に【病後児保育利用連絡書】をご用意ください。
看護師がお子様の症状についてお伺いします。
※当日でも空きがあればご利用できる場合があります。お問い合わせください。

⑥病児保育利用開始 

登園の際に
【病後児保育利用連絡書】【病後児児童利用申込書】
提出してください。

利用料金(食事代込)

在園児は無料

ご利用可能な症状

  • 手足口病
  • 喘息、喘息を伴う気管支炎
  • ヘルパンギーナ
  • 伝染性紅斑(りんご病)
  • 突発性発疹
  • 中耳炎
  • 自家中毒
  • 溶連菌感染症
  • RSウイルス
  • とびひ
  • 外傷・熱傷
  • 風邪諸症状(37.5℃以上の発熱)
  • 急性上気道炎
  • 気管支炎
  • 肺炎(必ず主治医の診断書)
  • 胃腸炎(嘔吐:1日1.2回、下痢:1日1.2回 1回の量がおむつからはみ出ない)

登園許可が出てから利用可能

  • 麻疹
  • 風疹
  • 結核
  • 百日咳
  • 水ぼうそう 帯状疱疹
  • 流行性耳下腺炎(おたふく)
  • インフルエンザ
  • 重症アデノウイルス感染症(プール熱・流行り目)

ご利用できない症状

  • 38.5℃以上の高熱
  • 意識混沌
  • 喘息の重篤な発作(急性発作)
  • 原因不明で2週間以上続く咳
  • けいれん後48時間以上経過していない
  • 経口摂取が全くできない
  • 嘔吐、下痢の症状が継続していて、著しい脱水症状(おしっこが出ないなど)
  • 症状が重く、点滴を必要とする場合
  • かかりつけ医等の診察により、利用が困難と判断された場合

※症状によって部屋を分けてお預かりしますので、組み合わせによりご利用できない場合もあります。
又、予約していても受付時のお子様の状態によりご利用できない場合もあります。

持ち物

持ち物には必ず記名をお願いいたします。

下着

2~3着

着替え上下

個人のカゴを用意しますので、そちらに2組ほどご用意をお願いします。

ポリ袋(2~3枚)

汚れ物入用

ポリ袋(2~3枚)

小さな箱に入っているもの

おしぼり用タオル

2枚

バスタオル

お昼寝用

歯ブラシ・コップ

布の巾着に入れてお持ちください。

パジャマ

 

ミルク・哺乳瓶

必要に応じて。冷凍母乳の場合はご相談ください。